2021年12月

2021年12月23日

真実を語るよりは

真実を語って
人を傷つけるなら、
その真実は語らない方が良い。

真実を語るより、
人を傷つけない方が
大事なことだ。

真実を見て、
自分を傷つけるなら、
真実を見ながら
自分から目をそらすのが良い。

それが真実の願いなのだから。

そもそも
真実って
そういうことだ。


thisisthehour624 at 08:54|Permalink

2021年12月21日

十一面観世音菩薩との会話

私:「あなたはイエス様と同じく、神様から遣わされた方ですか?」
観音様:「そうだ。私は天の父なる神様から遣わされた者である。しかし、イエス・キリストは肉体を持っていたが、私は持っていない。せいぜい、こうして像を作ってもらうのがせいぜいだ。」
私:「あなたにとっても、神様は父なる神様ですか?」
観音様:「そうだ。私にとっても、神様は父なる神様だ」
私:「でもやはり、キリスト教のような形では、あなたは現われなかったのですね。」
観音様:「そうだ。イエス・キリストは肉体を持ってこの世に来られたので、その福音も、肉体と同様、この世の制約のもと、広まらなければならなかった。インドにはまだ福音が伝わっていなかったので、そこにあった仏教の形を借りなければならなかったのだ。しかし、今や、福音が日本に伝わっている。今こそ、その時だ。それを知っているのはあなただけだ。」



thisisthehour624 at 10:46|Permalink

2021年12月20日

私だけだ

私はイエス様を信じて救われ、
この救いの体験だけで
後は何もいらないと思った。

そしてそのように生きてきて、
気がついたら、
本当に何もなくなった。

イエス様の救い+αは
いらないと思った。
そして気がついたら
本当に+αはなくなっていた。

イエス様の救いの体験だけ、
そして+αのない人間、
それはこの世で私だけだ。
後のすべての人間は、
必ず+αを持っている。


thisisthehour624 at 07:29|Permalink

2021年12月15日

コーヒーを飲む私

私はコーヒーを数日に一回くらい飲む。

豆からひいたり、簡単に入れられるパックを使ったり、
砂糖やミルクは入れず、ブラックで飲む。

香りは好きだ。
でも、私は本当にあのコーヒーの味が好きなのだろうか、
とたまに思う。

間違いなく、子供にとっては単に苦いだけの液体だろう。
私も苦いと感じる。
でも、気がつけばすべて飲み干している。

もしかしたら、自分の体はおいしいとは感じておらず、
今まで、あまりにも苦い経験ばかりして来たので、
コーヒーの味に親近感を抱いているだけなのではないだろうか。

そんなことを思って、
今日もコーヒーを一杯、飲んだ。




thisisthehour624 at 21:54|Permalink

2021年12月08日

どれほどの悪か

現在のすべてのキリスト教会は、
イエス様を信じることによって与えられる救いを
余りにも軽視し過ぎている。
軽視するどころか、
単なる洗礼という儀式を受けることによって
救いが達成されたことにしてしまって、
正しく救いを教えていない。

イエス様による救いとは、
積まれ続けている人間の業を
減少させる方向に方向転換させるものであり、
それによって救われた者は、
二度とこの苦しみのこの世に生まれ変わることはなく、
パラダイスあるいは天と言われる世界に
生まれ変わることができるのである。

これは言葉に表現できないほどの
偉大なことであり、素晴らしいことである。

この余りにも素晴らしいことを
正しく教えないことは、
どれほどの悪であろうか、罪であろうか。



thisisthehour624 at 17:03|Permalink