血のあるままで食べてはならない宗教と医学の融合

2021年05月18日

命をいただいているわけではない

前回の
「血のあるままで食べてはならない」の
続きである。

よく、
「私たちは、
他の動物などの肉を食べています。
つまり、
他の命をいただいているのです。
感謝しましょう」
などと、もっともらしく
言われているが、
とんでもない間違いである。

動物などに感謝するのは良い。
しかし、
人間が他の命を食べることは、
神様はお許しになってはいない。

ノアの時の洪水以降、
地から生える植物は
ますますその栄養価を失い
(エデンの園では植物だけで
生きていけたことを参照)
もはや、動物の肉を食べなければ、
人間は生きていけなくなった。

しかし、それは
創造の最初からあったことではない。
そのため、
神様は重要な命令を
人間に与えられたのである。

それは、
自分が生きるために
他の命を取ってはならない、
ということである。

人間に
その肉を食べられる動物などは、
実際、結果的には
人間に命を取られることになるが、
それでも、神様は
命である血液を
じゅうぶんに流しきって
「単なる物質的な肉」にしてから
食べるように命じられた。

その理由は、
人間が自分が生きるために
結果的には
他の生き物の命を
取るようなことになったことを通して、
同じように
自分が生きるために
他の人間の命を
取るということを肯定しないように
するためなのである。

そのため、前回にも書いたが、
血のあるままで食べてはならない、
という命令に続いて、
人を殺してはならない
という御言葉を
語られたのである。

このことを知らずに
「人間は、生きるために
他の命を取らねばならない」
という目に見える現実から、
その取らねばならない命の範囲を、
動物などから他の人間にまで広げてしまい、
自分が生きるに当たって
不都合に思える人を殺す、
ということが後を絶たないのである。

いじめや対人関係のトラブルも
みな、このことを知らないために
起こることであり、
神様の前では殺人に等しいのである。


thisisthehour624 at 12:50
血のあるままで食べてはならない宗教と医学の融合