命をいただいているわけではない絶対ということ

2021年05月23日

宗教と医学の融合

正しい宗教ならば、
医学と融合するはずである。

「熱心な」信者が、
「この病は祈りによって治す。
薬もいらない」などと
言っているのを
聞いたことがあるが、
それは大きな誤りである。

医学は肉体が専門分野であり、
宗教は魂が専門分野であり、
互いにぶつかることはない。

人間は魂である。
その肉体は魂の道具である。 

腕のいい職人が
道具を大切にするように、
魂は肉体を大切にすべきである。
そのため、大いに医学に
委ねる時は委ねるのである。

thisisthehour624 at 10:03
命をいただいているわけではない絶対ということ